女性設計士の視点やイベントを通して知る身近で豊かな木の住まいの魅力

株式会社 木だて家

大正9年に製材所として創業し、現在も自社製材した木材を用いた新築やリフォームを手がける木だて家。家事や子育てもこなす女性建築士が在籍し、実生活を通して感じている働くママにやさしい水まわり動線や、適材適所の収納計画にも定評があります。
また、地域とのつながりを大切にする木だて家ならではの人気イベントも女性社員が中心となって企画。毎年開かれる感謝祭や年に4回行う木育ワークショップでは、女性やお子さまに喜ばれるイベントを企画し、親子で楽しめる場として地域コミュニティの活性化に一役かっています。女性建築士との打ち合わせやイベントを通して木材について知り、理想の住まいを造りませんか?

女性視点を活かす強み

女性視点を活かす強み

 使い勝手をイメージしたママ目線でのプランニング
 木だて家を知る!きめ細やかな情報誌 
 親子で楽しむ人気のワークショップ 

左/経理広報部長 木下 陽子
右/設計部長 林 洋子
  一級建築士・二級整理収納アドバイザー・住宅収納スペシャリスト

木材をふんだんに用いた洗面脱衣室。洗面鏡の引き戸は収納となっており、洗顔グッズや化粧品などをスッキリと収容可能。