リノベーションで広々空間を実現
母屋とつながる二世帯住宅

下川建築家づくり工房
合同会社

 大きな窓から明るい光を取り込んだ、開放的な雰囲気のT邸。息子さんのご結婚を機に母屋とつながる築36年の離れをリノベーションし、子世帯が気兼ねなく暮らすことのできる二世帯住宅を実現しました。
 ポイントは、元は和室と洋室だった空間を一体化させたゆとりあるLDK。廊下となっていた部分はサンルームとし、引戸を開けると更にリビングが広々と感じられ、やわらかな陽が差し込む明るい雰囲気に。また、古い基礎を、鉄筋とコンクリートでベタ基礎にリニューアル。地盤への負荷が分散され、大切な住まいを湿気やシロアリから守っています。生活動線に配慮した間取りと、壁や柱の耐震補強も施したことで、機能性も備えた安心の二世帯住宅が完成しました。

南向きの光を取り込んだLDK。木目の美しいシンプルなクロスの天井に、一段掘り下げて照明を配置したことにより空間を引き立たせている。以前は床の間と押入れがあった部分にはテレビボードと収納を配置し、右側の廊下となっていたスペースは引戸で仕切ることも可能なサンルームとした。

ダイニング奥の窓は腰窓だったが、掃き出し窓にしたことで、より明るい空間に。趣ある照明は以前からのものを再利用した。

2階は主寝室と畳の部屋の2室で、引戸を開けると一体化した広々空間としても使用できる。主寝室には壁一面のクローゼットを設けた。

LDKにある階段は圧迫感のないストリップ階段を採用。踏み板はブラウンで落ち着いた雰囲気に。

母屋へとつながる空間。左側中央には子世帯用の玄関があり、その手前にはコート掛けや玄関まわりのものを収納できる便利な棚を設置した。