福井で暮らす光と風を感じる家

  • キッチンカウンターや表し梁、大きな窓の水平ラインが美しいLDK。正面の窓に格子を設けたことで、外からの視線を遮りながら室内に南向きの明るい光を取り込んでいる。 キッチンカウンターや表し梁、大きな窓の水平ラインが美しいLDK。正面の窓に格子を設けたことで、外からの視線を遮りながら室内に南向きの明るい光を取り込んでいる。
  • LDKに併設する和室はキッチンからも目が届き、小さなお子さまの遊び場としても便利。 LDKに併設する和室はキッチンからも目が届き、小さなお子さまの遊び場としても便利。
  • 白の内装に濃い色味の柱や床が、落ち着いた雰囲気を醸し出すLDK。左奥にはパソコンコーナーを設けた。 白の内装に濃い色味の柱や床が、落ち着いた雰囲気を醸し出すLDK。左奥にはパソコンコーナーを設けた。
  • 随所に和のテイストを盛り込んだ、家族のくつろぎ空間。リビングの最上部に明かり取りの窓を設けたことで、内部と外部の空間の広がりを天井面の延長が空とつながるように演出した。 随所に和のテイストを盛り込んだ、家族のくつろぎ空間。リビングの最上部に明かり取りの窓を設けたことで、内部と外部の空間の広がりを天井面の延長が空とつながるように演出した。
  • 玄関の正面には障子が見え、和の趣が感じられる。 玄関の正面には障子が見え、和の趣が感じられる。
  • 寝室には、テレビボードも兼ねた造り付けの収納棚を設置。 寝室には、テレビボードも兼ねた造り付けの収納棚を設置。
前へ
次へ
  • キッチンカウンターや表し梁、大きな窓の水平ラインが美しいLDK。正面の窓に格子を設けたことで、外からの視線を遮りながら室内に南向きの明るい光を取り込んでいる。
  • LDKに併設する和室はキッチンからも目が届き、小さなお子さまの遊び場としても便利。
  • 白の内装に濃い色味の柱や床が、落ち着いた雰囲気を醸し出すLDK。左奥にはパソコンコーナーを設けた。
  • 随所に和のテイストを盛り込んだ、家族のくつろぎ空間。リビングの最上部に明かり取りの窓を設けたことで、内部と外部の空間の広がりを天井面の延長が空とつながるように演出した。
  • 玄関の正面には障子が見え、和の趣が感じられる。
  • 寝室には、テレビボードも兼ねた造り付けの収納棚を設置。

← 他の家を見る

黒のアルミの外壁にシルバーの格子がアクセントとなった、洗練された雰囲気の漂う外観。ご結婚を機に新築を考えたSさまの、理想のマイホームを形にしたのは杉本秀・一級建築士事務所です。  ご要望されたのは、和テイストのお洒落なリビングにすることと、収納スペースを随所に設けたいということ。LDKは白を基調とした内装に、ダークブラウンの表し梁が映える落ち着いた雰囲気に。また、リビングの隣には小上がりの和室を設け、障子にはV字型の格子を取り入れるなど、ディテールにこだわった居心地の良い空間となっています。さらに、キッチンのすぐ隣に大容量のパントリーを設けるなど、使い勝手の良い収納を至る所に設置。どの空間も、水平ラインを意識した広がりの感じられるデザインで、見た目の美しさと機能性を兼ね備えた快適な住まいとなりました。

福井市 S邸

カテゴリ 建築士と建てる家
設計会社 杉本秀・一級建築士事務所
施工会社 秀・建築アトリエ株式会社
この会社のページを見る この会社の資料を請求する