福井で暮らす光と風を感じる家

  • 黒・白・黒のボックスをつなげたイメージのモダンな外観。特注の天然木を用いたドアの横には、リビングと同じ窯業系平形ストレートを貼り重厚感のある雰囲気に。左の黒い部分の空間は室内物干しスペースとつながり、洗濯干しや車の整備、バーベキューなどさまざまな用途に便利に使用できる。 黒・白・黒のボックスをつなげたイメージのモダンな外観。特注の天然木を用いたドアの横には、リビングと同じ窯業系平形ストレートを貼り重厚感のある雰囲気に。左の黒い部分の空間は室内物干しスペースとつながり、洗濯干しや車の整備、バーベキューなどさまざまな用途に便利に使用できる。
  • シンプルで美しいキッチン。左側の引き戸は和室、奥のドアはトイレやバスルーム、室内物干しスペースへとつながり便利な家事動線となっている。 シンプルで美しいキッチン。左側の引き戸は和室、奥のドアはトイレやバスルーム、室内物干しスペースへとつながり便利な家事動線となっている。
  • 天井はレッドシダー、床はチークの無垢材を用いた、開放的で落ち着きのあるLDK。素材の風合いを生かした窯業系平形ストレートを採用した中央のグレーの壁のバックヤードには、収納を設けている。左側の上部には明かり取りのFIX窓、下部の大きな窓は、採光はもちろん、隣家の目線を気にせず過ごすことのできる方位を考慮して設置した。 天井はレッドシダー、床はチークの無垢材を用いた、開放的で落ち着きのあるLDK。素材の風合いを生かした窯業系平形ストレートを採用した中央のグレーの壁のバックヤードには、収納を設けている。左側の上部には明かり取りのFIX窓、下部の大きな窓は、採光はもちろん、隣家の目線を気にせず過ごすことのできる方位を考慮して設置した。
  • 明るいリビングの「陽」のイメージに対し、和室は黒の市松模様の畳を取り入れ、落ち着いた趣ある「陰」を表現した。玄関から直接出入り可能で、家族のプライベートにも配慮した客間としても使用できる。 明るいリビングの「陽」のイメージに対し、和室は黒の市松模様の畳を取り入れ、落ち着いた趣ある「陰」を表現した。玄関から直接出入り可能で、家族のプライベートにも配慮した客間としても使用できる。
  • 明るい雰囲気のクロスが目を惹く子ども部屋。便利な収納も設置した。 明るい雰囲気のクロスが目を惹く子ども部屋。便利な収納も設置した。
  • キッチンからつながる、脱衣室兼物干しスペース。奥には乾いた洗濯物を片付けたり、タオルを置いたりと多目的に使用できる大容量の収納棚を設置。 キッチンからつながる、脱衣室兼物干しスペース。奥には乾いた洗濯物を片付けたり、タオルを置いたりと多目的に使用できる大容量の収納棚を設置。
前へ
次へ
  • 黒・白・黒のボックスをつなげたイメージのモダンな外観。特注の天然木を用いたドアの横には、リビングと同じ窯業系平形ストレートを貼り重厚感のある雰囲気に。左の黒い部分の空間は室内物干しスペースとつながり、洗濯干しや車の整備、バーベキューなどさまざまな用途に便利に使用できる。
  • シンプルで美しいキッチン。左側の引き戸は和室、奥のドアはトイレやバスルーム、室内物干しスペースへとつながり便利な家事動線となっている。
  • 天井はレッドシダー、床はチークの無垢材を用いた、開放的で落ち着きのあるLDK。素材の風合いを生かした窯業系平形ストレートを採用した中央のグレーの壁のバックヤードには、収納を設けている。左側の上部には明かり取りのFIX窓、下部の大きな窓は、採光はもちろん、隣家の目線を気にせず過ごすことのできる方位を考慮して設置した。
  • 明るいリビングの「陽」のイメージに対し、和室は黒の市松模様の畳を取り入れ、落ち着いた趣ある「陰」を表現した。玄関から直接出入り可能で、家族のプライベートにも配慮した客間としても使用できる。
  • 明るい雰囲気のクロスが目を惹く子ども部屋。便利な収納も設置した。
  • キッチンからつながる、脱衣室兼物干しスペース。奥には乾いた洗濯物を片付けたり、タオルを置いたりと多目的に使用できる大容量の収納棚を設置。

← 他の家を見る

端正なバランスの良さが心地よい
シンプルながら味わい深い空間

設計・家づくりのポリシー
私は、常に収納と生活空間とのバランスを考えた家づくりを行なっており、お客様それぞれの生活スタイルを意識しながら、各空間に必要なサイズの収納をデザインしています。また、ゲストを迎えた時にプライベートを遮らずに生活できるよう設計したり、隣家の目線にも配慮した方位で窓を設置することにより、ご家族が心からくつろぐことのできる空間をご提案しています。

福井市 M様邸

カテゴリ 建築士と建てる家
設計会社 五十嵐文継 一級建築士事務所
この会社のページを見る この会社の資料を請求する