福井で暮らす光と風を感じる家

  • 白を基調とした内装と明るい茶色のフローリングで、ナチュラルな心地よさを演出するLDK。採光と風通しを考えた快適空間となっている。LDKと併設する和室の窓は外からの目線を考慮し、高めと低めの位置に設けた。 白を基調とした内装と明るい茶色のフローリングで、ナチュラルな心地よさを演出するLDK。採光と風通しを考えた快適空間となっている。LDKと併設する和室の窓は外からの目線を考慮し、高めと低めの位置に設けた。
  • 上部が吹き抜けとなった明るいリビング。南向きの明るい光をLDK全体に取り込む。 上部が吹き抜けとなった明るいリビング。南向きの明るい光をLDK全体に取り込む。
  • 和室側から見たLDK。奥のスタディスペースはキッチンからも目が届くため、常に家族の気配が感じられる安心の間取りとなっている。 和室側から見たLDK。奥のスタディスペースはキッチンからも目が届くため、常に家族の気配が感じられる安心の間取りとなっている。
  • スギの板張りの天井とダウンライトがモダンな雰囲気を醸し出す和室。玄関から直接出入り可能で、客間としても利用できる。 スギの板張りの天井とダウンライトがモダンな雰囲気を醸し出す和室。玄関から直接出入り可能で、客間としても利用できる。
  • 将来の子ども部屋を想定した洋室。空間を2つに仕切って使用できるように扉も2つ設けた。 将来の子ども部屋を想定した洋室。空間を2つに仕切って使用できるように扉も2つ設けた。
  • お子さまのスタディスペース兼ご主人の書斎としてリビング横に配置した空間。奥はサンルーム、左側の階段はロフトへとつながる。 お子さまのスタディスペース兼ご主人の書斎としてリビング横に配置した空間。奥はサンルーム、左側の階段はロフトへとつながる。
前へ
次へ
  • 白を基調とした内装と明るい茶色のフローリングで、ナチュラルな心地よさを演出するLDK。採光と風通しを考えた快適空間となっている。LDKと併設する和室の窓は外からの目線を考慮し、高めと低めの位置に設けた。
  • 上部が吹き抜けとなった明るいリビング。南向きの明るい光をLDK全体に取り込む。
  • 和室側から見たLDK。奥のスタディスペースはキッチンからも目が届くため、常に家族の気配が感じられる安心の間取りとなっている。
  • スギの板張りの天井とダウンライトがモダンな雰囲気を醸し出す和室。玄関から直接出入り可能で、客間としても利用できる。
  • 将来の子ども部屋を想定した洋室。空間を2つに仕切って使用できるように扉も2つ設けた。
  • お子さまのスタディスペース兼ご主人の書斎としてリビング横に配置した空間。奥はサンルーム、左側の階段はロフトへとつながる。

← 他の家を見る

機能的で暮らしやすい
開放感のある平屋の住まい

コンクリート調のグレーと黒のガルバニウム鋼板を用いた、シンプルながら趣のある佇まいの外観。去年、ご主人のご実家をリフォームした頃、Uさまご夫妻もご実家の隣に家づくりをする計画を立てていたことから、リフォームでご縁のあった永和住宅に新築を依頼しました。 ご要望されたのは、機能的で使い勝手の良い動線を考えた平屋の住まいです。開放感のある空間づくりのため、リビングの上部は吹き抜けとし、南向きの窓から光を取り込んだ明るい雰囲気に。LDKには和室とスタディースペースを併設し、キッチンから全体を見渡すことができる配置としました。また、リビングを中心とした空間は引戸で仕切り、戸を開けると家中を爽やかな風が巡る広々空間を実現。年中快適に温度を保つ床下冷暖房システム・ココチアを導入するなど機能性も考慮した、安心で心地よい暮らしがスタートしました。

越前市 U邸

カテゴリ 和モダン住宅・平屋のお家
施工会社 永和住宅(株)
延床面積 116.06㎡(35.11坪)
この会社のページを見る この会社の資料を請求する