福井で暮らす光と風を感じる家

  • 玄関部分の外壁は、質感の良い白のモルタルを使用。 玄関部分の外壁は、質感の良い白のモルタルを使用。
  • 落ち着いた濃いブラウンの床と淡いクリーム色の壁が、やさしく心地よいリビングダイニング。 落ち着いた濃いブラウンの床と淡いクリーム色の壁が、やさしく心地よいリビングダイニング。
  • 窓から明るい光を取り込んだリビングダイニング。正面の壁はクロスを変え、さりげなく空間に変化をつけている。 窓から明るい光を取り込んだリビングダイニング。正面の壁はクロスを変え、さりげなく空間に変化をつけている。
  • 大理石のタイルを鏡面仕上げし、モダンで気品ある玄関。以前は暗い雰囲気だった空間が、明るく広々としたスペースに生まれ変わった。正面奥のリビングにつながる壁面のクロスは、京都に住む娘さんと一緒に選んだお気に入り。 大理石のタイルを鏡面仕上げし、モダンで気品ある玄関。以前は暗い雰囲気だった空間が、明るく広々としたスペースに生まれ変わった。正面奥のリビングにつながる壁面のクロスは、京都に住む娘さんと一緒に選んだお気に入り。
  • 明るい色味を用い、より広々とした雰囲気を演出している玄関ホール。右側の通路はトイレや洋室へとつながる。 明るい色味を用い、より広々とした雰囲気を演出している玄関ホール。右側の通路はトイレや洋室へとつながる。
  • 以前は和式だったトイレは洋式に変え、ピンクのアクセントクロスが映える空間に。 以前は和式だったトイレは洋式に変え、ピンクのアクセントクロスが映える空間に。
  • バリアフリー対応の洗面所とバスルーム。使い勝手をよりよくするため、バスタブの配置を変更した。 バリアフリー対応の洗面所とバスルーム。使い勝手をよりよくするため、バスタブの配置を変更した。
前へ
次へ
  • 玄関部分の外壁は、質感の良い白のモルタルを使用。
  • 落ち着いた濃いブラウンの床と淡いクリーム色の壁が、やさしく心地よいリビングダイニング。
  • 窓から明るい光を取り込んだリビングダイニング。正面の壁はクロスを変え、さりげなく空間に変化をつけている。
  • 大理石のタイルを鏡面仕上げし、モダンで気品ある玄関。以前は暗い雰囲気だった空間が、明るく広々としたスペースに生まれ変わった。正面奥のリビングにつながる壁面のクロスは、京都に住む娘さんと一緒に選んだお気に入り。
  • 明るい色味を用い、より広々とした雰囲気を演出している玄関ホール。右側の通路はトイレや洋室へとつながる。
  • 以前は和式だったトイレは洋式に変え、ピンクのアクセントクロスが映える空間に。
  • バリアフリー対応の洗面所とバスルーム。使い勝手をよりよくするため、バスタブの配置を変更した。

← 他の家を見る

仏ロココ調を取り入れた
高級感と気品あふれる空間

自然素材を用いた新築やリフォームを手がけるコサエル。以前のお住まいが築60年となり、老朽化や間取りの不便さがあったことからリフォームを考えたYさまは、社長と地域文化活動などを通しての知り合いで日頃から信頼関係があったことから、コサエルに依頼しました。  ポイントは、フランスのロココ調をイメージした高級感のある玄関。白を基調に、淡いクリーム色の壁面と、白い大理石柄に鏡面仕上げを施したタイルが洗練された上質な雰囲気で家族や来客を迎えます。また、元はダイニングと廊下が仕切られており使い勝手の良くなかったスペースを一体化し、広々としたワンフロアのリビングに。洗面所とバスルームがリビングのすぐ隣にあるほか、玄関からリビングまでバリアフリーとし、将来の暮らしにも備えた安心の住まいとなりました。

福井市 Y邸 リフォーム 

カテゴリ リフォーム
施工会社 協和住機(株)住宅事業部 cosaeru
家族構成 ご夫婦
この会社のページを見る この会社の資料を請求する