福井で暮らす光と風を感じる家

  • 玄関ポーチから水平に延びる軒天は、上質感のあるレッドシダーを採用し外観のアクセントに。 玄関ポーチから水平に延びる軒天は、上質感のあるレッドシダーを採用し外観のアクセントに。
  • リビングから延びる天井の掘り込みや、黒で塗装した柱が統一感をもたらすウッドデッキ。内外のつながりを意識したデザインとなっている。 リビングから延びる天井の掘り込みや、黒で塗装した柱が統一感をもたらすウッドデッキ。内外のつながりを意識したデザインとなっている。
  • 大きな窓から明るい光を取り込むリビング。掘り込みが外へとつながるデザインで、ウッドデッキや庭との一体感がある開放的な雰囲気となっている。 大きな窓から明るい光を取り込むリビング。掘り込みが外へとつながるデザインで、ウッドデッキや庭との一体感がある開放的な雰囲気となっている。
  • 黒の掘り込みと照明をリズミカルに配置した、デザイン性の高いLDK。リビングの奥にはスタディコーナーを配置した。 黒の掘り込みと照明をリズミカルに配置した、デザイン性の高いLDK。リビングの奥にはスタディコーナーを配置した。
  • キッチンのスペースは囲まれた空間とし、メリハリをつけた。対面キッチンからはリビングやスタディコーナー、ウッドデッキ、庭まで広く目が届く。 キッチンのスペースは囲まれた空間とし、メリハリをつけた。対面キッチンからはリビングやスタディコーナー、ウッドデッキ、庭まで広く目が届く。
前へ
次へ
  • 玄関ポーチから水平に延びる軒天は、上質感のあるレッドシダーを採用し外観のアクセントに。
  • リビングから延びる天井の掘り込みや、黒で塗装した柱が統一感をもたらすウッドデッキ。内外のつながりを意識したデザインとなっている。
  • 大きな窓から明るい光を取り込むリビング。掘り込みが外へとつながるデザインで、ウッドデッキや庭との一体感がある開放的な雰囲気となっている。
  • 黒の掘り込みと照明をリズミカルに配置した、デザイン性の高いLDK。リビングの奥にはスタディコーナーを配置した。
  • キッチンのスペースは囲まれた空間とし、メリハリをつけた。対面キッチンからはリビングやスタディコーナー、ウッドデッキ、庭まで広く目が届く。

← 他の家を見る

内外のつながりを重視した
子どもがのびのび育つ家

黒のガルバリウムに、軒天のレッドシダーがアクセントとなった端正な外観。長女が小学校にあがる前に新築を考えたUさま。ご主人のお知り合いが建てた住まいを訪れた際の印象がとても良かったことから、迷わず田中建設での新築を決めました。 ご要望されたのは、キッチンから庭を見渡せることや、家族皆で使用できるスタディコーナーを設けることです。対面キッチンの目の前にリビングを配置し、大開口の窓を介してウッドデッキから庭まで真っ直ぐに視線がのびるため、小さなお子さまの様子を見ながら家事を進められる安心の間取りに。リビングの天井にある掘り込みをデッキまで延ばしたデザインで、内と外とのつながりを感じさせます。また、リビングの一角に設けたスタディコーナーは、上部に本棚を造り付けた多目的に使用できる便利なスペースとなっています。この春から新しい生活が始まり、「長女が広い庭で自転車の練習をして、乗れるようになり喜んでいます」と笑顔のUさまでした。

福井市 U邸

施工会社 コンプリートホーム 田中建設(株)
延床面積 129.58㎡(39.19坪)
この会社のページを見る この会社の資料を請求する